[無料&有料]PC向け動画編集ソフトおすすめ5選[厳選しました]

動画編集

動画編集ソフトって、どんなのがあるの?

結局、どの動画編集ソフトがいいの?

動画編集を始めたい人は、こんな疑問を持ちますよね?

本記事では、

  1. PC向け動画編集ソフトおすすめ5選
  2. 動画編集ソフトを選ぶポイント

を、本当に使える動画編集ソフトだけに厳選してお伝えします。

ぼくはフリーランスとして動画編集の仕事をしていて、これまでにたくさんの動画編集ソフトを使ってきました。

本記事を読めば、YouTubeに自分の動画をアップしたい人や、動画編集の仕事をしたい人が使える、本当に使える動画編集ソフトが見つかりますので、ぜひ最後までご覧ください。

PC向け動画編集ソフトおすすめ5選

PC向け動画編集ソフトを5つ紹介します。数ある動画編集ソフトの中から厳選しました。

動画編集を始めるならこの中から選ぶといいですよ。

無料のおすすめ動画編集ソフト

まずは無料のおすすめ動画編集ソフトを紹介します。

iMovie

Macに標準搭載されている動画編集ソフトです。

PCがMacで、とりあえず簡単でいいから動画編集をしてみたい人はこのiMovieを使うといいです。

無料とはいえ、必要十分な機能はあるので、ある程度の動画ならこれでさっくり作れちゃいますよ。

iMovieはこちら

Windowsフォト

Windowsに標準搭載されているWindowsフォト。

フォトという名前ですが、実はこのソフトで動画編集ができるんです。

無料で使えて、操作もそれほど難しくなく、必要最低限な動画の編集ができるソフトです。

簡単な動画を作成するだけなら、Windowsフォトでも十分作れちゃいます。

WindowsのPCを持っている人はとりあえずWindowsフォトを試してみましょう。

Windowsフォトはこちら

AviUtl

WindowsのPCを持っていて、Windowsフォトだと機能が少なくて満足いく動画が作れない!と思う人はAviUtlがいいでしょう。

無料にも関わらず機能満載の動画編集ソフトです。

拡張性が高いのが特徴で、さまざまなプラグインを使えば、有料の動画編集ソフトにも引けを取らないほどの編集も可能です。

複雑な動画編集をしたいけど、どうしても無料がいいという人はAviUtl1択です。

Aviutlはこちら

有料のおすすめ動画編集ソフト

有料のおすすめ動画編集ソフトはこの2つです。

Final Cut Pro 36,800円(記事執筆時)

MacのPCを使っている人がiMovieでの動画編集が物足りなくなった時に一番に候補に上がるのがFinal Cut Proです。

Apple純正の動画編集ソフトなので、MacのPCで使う場合に安定性抜群なのもうれしいところ。

iMovieと比べ、より複雑なエフェクト効果を出すこともできるようになります。

有料とはいえ、サブスクではなく買い切りで購入できるのもメリットのひとつです。(

Final Cut Proはこちら

Adobe Premiere Pro 月額2,728円(記事執筆時)

WindowsでもMacでも使える動画編集ソフトです。

動画編集ソフトの中で、最もおすすめなのが、このAdobe premiere Proです。

「本格的に動画編集をしたい」

「動画編集を仕事として取り組みたい」

という方はAdobe Premiere Pro1択です。

動画編集ソフトの中では、最も高機能で使いやすいと言えるでしょう。

同じくAdobeのAfter Effectsというソフトと連携させれば、エフェクトを駆使したレベルの高い動画を作成することも可能ですよ。

Adobe Premiere Proはこちら

動画編集ソフトを選ぶポイント

動画編集ソフトを選ぶ際に、注意するポイントです。

PCのOSで選ぶ

まずPCのOSによって動かない動画編集ソフトがあるので気をつけましょう。

自分の持っているPCがWindowsかMacかで使える動画編集ソフトが変わります。

今回紹介した5つの動画編集ソフトで言えば、

Windowsで使える動画編集ソフト

  • Windowsフォト
  • Aviutl

Macで使える動画編集ソフト

  • iMovie
  • Final Cut Pro

WindowsとMacの両方で使える動画編集ソフト

  • Adobe Premiere Pro

PCのスペックで選ぶ

動画編集ソフトはPC作業の中でもかなり重い作業になるので、それなりに高いPCスペックが必要です。

特に、動画編集にはメモリとCPUの性能が重要になります。

それぞれの動画編集ソフトで推奨スペックが違ってきますので、必ず動画編集ソフトの推奨スペックをチェックしましょう。

必要な機能があるか確認

今回紹介した5つの動画編集ソフトは、テキストを入れたり動画をカットしたりなど、基本的な動画編集をすることは可能です。

しかし動画編集といっても他に、3D動画や360度動画などいろいろな動画があります。

自分が作りたい動画があるなら、その機能がある動画編集ソフトかどうかを確認しましょう。

ソフトの価格で選ぶ

価格も動画編集ソフトを選ぶ際のポイントの一つです。

無料か有料かも大きな要素ですが、同じ有料でも買い切りや月額制のサブスクなど違いがあります。

初心者orプロかで選ぶ

基本的には高機能な動画編集ソフトほど、扱いが難しくなります。

初心者の方で趣味で編集する程度なら、とりあえず無料の動画編集ソフトから使い始めるのがおすすめです。

プロとして仕事で使いたいという方なら、有料の高機能動画編集ソフトを使いましょう。

PC向け動画編集ソフトおすすめ5選まとめ

今回はPC向けの動画編集ソフトおすすめ5選や、動画編集ソフトを選ぶポイントなどを紹介しました。

ぼくはフリーランスとして仕事で動画編集をしていて、使っている動画編集ソフトはAdobe Premiere Proです。

動画編集を始めた多くの人が、動画編集を続ければ続けるほど、結局はAdobe Premiere Proに行き着くと思っています。

ただ、人それぞれ動画編集をする目的も違うと思います。

今回は、本当に使える動画編集ソフトだけを紹介しました。

これらの中から自分に合った動画編集ソフトが見つかることを願ってます。

タイトルとURLをコピーしました